Report 活動報告

2011年10月18日 イラスト展 にじいろTea Timeレポート

イラスト展 にじいろTea Time

10月12日~16日まで茨城つくば美術館で開催しておりました、
「イラスト展 にじいろTea Time」
無事会期を終了いたしました。
遠方からご来場の皆様、お手伝いをしてくださった皆様、機材を提供してくださった皆様、本当にありがとうございました。
5日間の会期中で、入場者数はなんと779人!!
老若男女幅広く見に来ていただいておりましたが、最後の二日はキッズやティーンズ、ファミリーが、そして土地柄なのか外国の方も多く来てくださいました。
熱心にメモを取りながら見ている方や、連日見に来てくれる方もいたり、美術館常連さんで、ここではあまり飾られないような作品を初めて見て、驚いてくれたり、専門学生が授業の一環としてクラスで見に来てくれたり、様々な反応をいただけました。
自信をもって一見の価値有りと自負できるものを企画できたのではないかと思っています。

長い入り口通路にもイラストをたくさん展示しました。
ここだけでお腹いっぱいになってしまうほどに展示しています。
さらにデジタルサイネージでのデジタル展示もしました。

入り口の様子

アンケートにお答えくださった方には、ポストカードをプレゼントしていました。
気になった作家のポストカードがもらえるとあってなかなか大盛況でした。

入り口看板の様子

受付の様子受付です。
こちらで、芳名録に記名していただいたり、駐車券の処理をしたりしていました。
原田聖子作、おやじマトリョーシカを受付に展示。

受付の様子

入ってすぐ左に柚月キョウコエリア。
パステルや色鉛筆を使ったアナログ作品と「カフェひよこ」というキャラクター作品で構成。

柚月キョウコエリア

三都エリアはすべてB倍作品で迫力があります。
入ってすぐ目の前になり、キャッチーな作品が来場者の目を引きます。

三都エリア

また角を曲がりますとあんぱか あるかも うめ子エリアへ。
ハワイリゾートな雰囲気漂うポップな作品たちに癒されます。

あんぱか あるかも うめ子エリア

その反対の面へ移動しますと、庄司昌律エリアになります。
ベジェ曲線による艶で雅な世界が堪能できます。

庄司昌律エリア

つづいて、音梨さちよエリア。
12ヶ月や12星座などキャラクターによるビビットなコンセプト作品。

音梨さちよエリア

その隣は、原田聖子エリア。
布を使った半立体の作品で、とっても不思議でたのしく笑える作品たちです。

原田聖子エリア

また、角を曲がると小林大祐エリアへ
ダークな世界観が独特の趣があります。キャプションも凝っていて読んでいて楽しい作りに。

小林大祐エリア

そして最後は月魚ひろこエリア。
白うさと黒猫のシリーズ物で構成されたほのぼの暖まる作品たち。

月魚ひろこエリア

なにか意図した流れを考えての展示順なのかと思われるかもしれませんが、実はこの順番は、あみだくじで決めてます。偶然にもまとまったのか、それとも8人の個性がどの組み合わせでもバランスを保てるのかは謎です。

美術館という大きな会場で開催したこともあってなにかと大変なところもありました。
大きなトラブルもなく終了することができたことは8人の人柄と団結力と周りのサポートあっての事だと思っております。

「またやらないのか? 水戸でもやって欲しい」と、次回を期待してくれる声もありました。2杯目なのか、エスプレッソになるのか、ラテになるのかわかりませんが、また別な形でこの「お茶会展」開催できればとおもいます。

おやじマトリョーシカ

おつかれさまでした。

茨城・水戸・つくば・笠間・日立、茨城の仲良しイラストレーターが集い、マッタリとお茶を飲みつつ、楽しくおしゃべりをする会です。 POP・カット・看板・DTP・キャラクター・漫画・カリグラフィー・パーチメント・ベクトルイラスト・パステル画・水彩画などを得意とする個性豊かな作家が活動しております。